成長ホルモン 注射 効果

スポンサードリンク

バルセロナのメッシを作ったのが適切な成長ホルモン注射

 

成長期の少年に対して、成長ホルモン投与が非常に効果的に使われた例をひとつ紹介します。

 

サッカーの世界的なプレイヤーであるバルセロナのメッシ、彼は成長ホルモンの分泌量が足りずに低身長でした。

 

既にバルセロナユースに入っていてその才能を見込まれていたメッシにはタイミングよく成長ホルモン投与治療が行われ、今の身長にまで成長することができたのです。

 

 

おそらく、ですが、低身長でありながら精神・神経系の発達したメッシ少年は小学生のころにサッカーの技術に磨きをかけることができたのだと思います。

 

軽量のボディに高性能なエンジンとドライバーを積んだ状態でマシンのポテンシャルが上がったのですね。

 

 

もちろん、彼の非凡な才能は、その軽量ボディを成長ホルモンという薬で普通車並みのサイズにしたにもかかわらず、そのスピードとコントローラビリティを維持し続けることができたところにあります。

 

誰にでもできるというものではありません。

 

ですが、彼の例を見ると、スポーツに秀でるには身体の軽い子どものころにいかにハイレベルな技術を身に着けるかがけっこう重要であることがわかりますね。

 

おっと、これは脱線でした。

 

 

ということで成長期の適切な量の成長ホルモン投与は低身長の患者さんの身長を平均の範囲内まで引き上げて社会的な生活を営む上で非常に重要なものであることがわかります。

 

ここまでの記事で何度も触れていますが、重要なのは、身長を伸ばすために、成長ホルモン注射は適切なタイミングで適切な量を使用する必要があるということです。

 

 

骨の成長が終わってしまった大人になってからは成長ホルモンを注射しても身長に関わる骨は伸びないとされています。

 

(実際はある程度の比率で背が数p伸びる人がいるようです。)

 

 

スポンサードリンク

バルセロナのメッシを作ったのが適切な成長ホルモン注射関連ページ

下垂体性小人症の特効薬として開発された成長ホルモン
成長ホルモン不足が低身長、小人症の原因であることがわかって以来、特効薬としてその製剤注射が使われてきました。
アンドレ・ザ・ジャイアントとジャイアント馬場はどうしてでかかったのか
成長ホルモン不足が低身長、小人症の原因であるのとは逆に、効果が過剰になると巨人症が起こります。成人してから身長は伸びないのですが・・・
背が伸びるのは成長期の終わりだけではない
人の背が伸びる時期は骨端線が閉じるまでと言われていますが・・・
性成熟と身長
第二次性徴が終わると性ホルモンの影響で骨端線が閉じて身長が伸びないというのが医学的常識ですが