成長ホルモン 注射 時間

スポンサードリンク

注射を打つタイミングが重要なの?

 

低身長の子供の治療として成長ホルモン製剤の注射をする時間は基本的に夜寝る前です。

 

というのも、生理的な成長ホルモン分泌が盛んになるのは就寝してから3時間前後なので、薬として投与する場合もそれに近い時間が良いからです。

 

実際に投与後の血中濃度変動や、脂質代謝などの様々な代謝に与える影響も、就寝直前に投与するのがより生理的条件に近いことが知られています。

 

寝る子は育つと言いますが、実際、毎日決まった時間に熟睡できる子では成長ホルモンの分泌が安定しているので、背が伸びやすいことが分かっているのです。

 

 

では、身長を伸ばす目的以外で大人が使う場合にはいつがベストなのか?

 

これもまた寝る前が良いことが分かっています、就寝後3時間ぐらいに成長ホルモン分泌が最大になることは大人においても同じですから。

 

また、成長ホルモン分泌のゴールデンタイムと言われるのが午後10時から午前2時で、この時間に寝るのが効果的だと言われますが、これは朝6時から7時ごろに起きて、朝の太陽の光をしっかり浴びて概日リズムをしっかり維持している方の場合です。

 

健全な生活をしている人は午後10時から午前2時を意識すればいいのですが、そうでない人は就寝後3時間から6時間ぐらい、つまり6時間きっちり寝ることを心がけるのが良いです。

 

 

いずれにしても寝ている間に分泌される成長ホルモンの量が減ってきたから注射したりスプレーで補おうというわけですから、自分の脳から出る成長ホルモンの濃度なんかどうでもいいと思うかもしれません。

 

でも、成長ホルモンの指令を受け取る身体の方はやはり自然に近いのがいいので、やっぱり寝る前の方がいいのですよ。

 

毎日、寝る前に投与するというのは身体にとってやさしい、的確な投与タイミングということになります。

 

 

 

ただ、問題は成長ホルモンの効果が出てきてからです。

 

成長ホルモン投与の効果が出てくると、疲労感がなくなり、若い頃のように身体が軽くなった感じがします。

 

基本的なスタミナが増強するので、夕方にはぐったりしていた人が遅い時間まで元気はつらつ、夜更かしが平気になっちゃうんですね。

 

 

これに調子に乗って夜更かしを続けていると、せっかくの成長ホルモンの効果をつぶしてしまうことになりかねません。

 

成長ホルモンによる気分の高揚が逆に成長ホルモンの効果を損なってしまうのは避けたいですよね。

 

ですから、夜はきっちり6時間は睡眠をとるようにしてください。

 

 

あ、元々の寝るのに適した時間の個人差はありますからそれに応じた時間でよいです、もともと短時間睡眠で大丈夫だった人は増やす必要ないです。

 

スポンサードリンク

注射を打つタイミングが重要なの?関連ページ

末端肥大症は大丈夫?
末端肥大症って聞いたことありますか?
白血病や癌が発生しやすくなる恐れがある?
成長ホルモンを成人に投与した場合に悪性腫瘍が再発しやすくなるという噂が・・・
同じ場所に成長ホルモンを打ち続けるとどうなるのか
注射部位に起こる問題について
中高年へのアンチエイジング医療がめざすもの
成長ホルモンを成人に投与する目的について
A.ロッドのドーピング問題
成長ホルモンの持つ筋力増強効果と若返り効果、スポーツ選手が使えばドーピングとみなされます