成長ホルモン 食事 サプリメント

スポンサードリンク

サプリメントで成長ホルモンを増やせるって本当?

 

スポーツジムなどに通ったことのある方はご存知だと思いますが、筋トレをする人に対してジムのトレーナーたちはサプルメント摂取を勧めてきます。

 

その主な理由は筋肉がスーパー回復してたくましくなるのを助けてくれるから。

 

激しい負荷のかかる筋トレをすると筋肉の小さな断裂がたくさんできて、それを補強するために体ががんばるのだけれども、その材料としてタンパク質の減量であるアミノ酸をたくさん含んだプロテインサプリメントが良いというわけです。

 

 

さて、ほんとうでしょうか?

 

本当と言えば本当です。

 

理屈はときどき間違ってるように感じますが、まあ、私がここで書いている理屈だって現在の科学論文のデータから書いてるわけで、10年後には解釈が違っているかもしれないから、同じことですが。

 

(だから、あれ?妙なこと言ってるぞこの人、と思っても、意図的なねつ造と思わない限り私は突っ込みません。)

 

 

脱線してすみません、長くなっちゃうから結論を先に書きます。

 

アルギニンとオルニチンというアミノ酸がありますが、これらをサプリメントとして摂取すると成長ホルモンの分泌量が増えることが知られています。

 

特に、運動前にこれらを摂取して筋肉に負荷のかかる運動を15分以上すると、血液中の成長ホルモンやIGF-1の濃度が著しく上昇するそうです。

 

 

摂取に適したアルギニンの量はいろいろ研究されていますが、5gから9gの間ですね。

 

これを摂取すると、運動しなくても摂取しただけで成長ホルモンの血中濃度は高まるそうです。

 

ただし、運動をしないと成長ホルモンへの反応性は下がるという報告があります。

 

また、過激な筋トレはかなりたくさんの筋肉断裂を生み出しますので、そちらの修復に成長ホルモンはかかりきりになります。

 

 

これらのことを考え合わせると、アルギニンとオルニチンの入ったサプリメントを飲んでから15分程度の筋トレをして、それから睡眠をとるのが理想的だと思われます。

 

 

スポンサードリンク

サプリメントで成長ホルモンを増やせるって本当?関連ページ

成長ホルモン分泌を促す食べ物
成長ホルモン、中高年以降の大人でも分泌を促す食事方法がある?
牛肉の問題
成長ホルモンがアメリカでは牛の飼育に使われているという話、知ってました?