人成長ホルモン 個人輸入

スポンサードリンク

成長ホルモン製剤は並行輸入した方がお得?

 

かつて、成長ホルモンはヒト死体の脳から下垂体を採取して、そこから成長ホルモンの分画を取り出して治療薬に用いていました。

 

そのころには、成長ホルモン分泌不全の子供の身長を伸ばすためにかかる費用は現在の価格にすると1億円以上かかっていたと言われます。

 

その後、1980年代後半に遺伝子組み換え・発現技術が進歩したことにより、1990年代には以前よりはかなり安く、しかも安全にヒト成長ホルモンを生産することができるようになりました。

 

 

当初は低身長の人の治療に使われていたのが、アンチエイジング効果が分かってから一気に利用者が増えます。

 

特に、アンチエイジングに有効であるということが分かってから、爆発的に注射する人が増えたのがアメリカです。

 

アメリカにはたくさんの若返り(アンチエイジング)クリニックがありますが、そこで用いられているものがヒト成長ホルモン注射薬、あるいは舌下スプレーです。

 

 

しかし日本で成長ホルモン製剤の注射を若返りに効果的と言われる半年続けると200万円〜400万円かかるのに、アメリカではそんなにお金持ちが多いのでしょうか?

 

これ、実はトリックがあります。

 

アメリカでは日本に比べると成長ホルモン製剤に注射をはるかに安い費用、半年間で50万円〜100万円で受けられるのです。

 

 

特許などの関係から、日本で使用されるヒト遺伝子産物の組換えタンパク製剤はほとんどの場合、輸入する物か、ライセンス代金を払ってその管理の下に生産されるものです。

 

また、為替レートは実勢価格を反映しておらず、1ドルを140円〜180円で換算しているケースも多いのです。

 

このために日本での治療費がとても高いものになるのですね、それに比べればアメリカでは安いので、成長ホルモン注射をする人の数も日本よりはるかに多くなるのです。

 

 

ということで、個人で並行輸入すればこの価格を低く抑えることができます。

 

全て自分でやれば本当に安くできるのですが、けっこう面倒なので代行業者さんに頼むケースが多くなります。

 

さらに、ヒト組換え成長ホルモンは医薬品なので、輸入しても自分で打つわけにはいきません、医療機関で処方されて使用する必要があります。

 

 

そこのところ、並行輸入品を処方してくれるかどうか、主治医の先生によく確認した上で並行輸入に踏み切る必要が生じてきます。

 

スポンサードリンク

成長ホルモン製剤は並行輸入した方がお得?関連ページ

1990年に報告されたルードマン博士の成長ホルモン注射の効果
成長ホルモンを成人に投与すると様々な機能が若返る。1990年にルードマン博士らにより世界的に権威のある科学誌に報告されたこの発見が抗加齢医療を変えました。
皮膚のアンチエイジングに成長ホルモンが効果的
皮膚の細胞外マトリックスの保水能力を上げるためのプロテオグリカンやヒアルロン酸の産生能力を成長ホルモンがあげる
じいちゃんがかっこよくなった
高齢者に成長ホルモンを投与するとめちゃくちゃ元気になります
注射は高いけどスプレーなら?効果はいっしょ?
成長ホルモン製剤は舌下スプレーという投与方法もあります。
注射製剤は数種類、打ち方も違います。
成長ホルモン注射製剤にはいろんなタイプがあります
20代以降でも数cm、身長が伸びるケースがある
中高年でも身長が伸びることがあるって信じられます?
治療費用
成長ホルモンを成人に投与すると様々な機能が若返る。1990年に報告されたこの発見が抗加齢医療を変えました。
バストアップに成長ホルモンが効果的なんですと?
成長ホルモン投与の思わぬ作用、バストアップについてです
成長ホルモンダイエット 内臓脂肪が減ります。
成長ホルモンを成人に投与すると内臓脂肪が減って中年太り体型が改善されます