成長ホルモン 注射 費用

スポンサードリンク

成長ホルモン治療の費用はいくらぐらい?

 

ヒト成長ホルモン製剤は組換え遺伝子の安全基準などをパスするために設備投資にお金がかかり、それを反映して非常に高価な薬剤です。

 

 

1.病気の治療としての費用

 

 

中学生などの低身長治療であれば保険が効きますので、自分での負担額は3割になりますが、それでも通常、普通に計算すれば月10万〜20万円の支払いになります。

 

幸いなことに、「成長ホルモン分泌不全性低身長」という診断を受ければ、公費負担を受けることができます。

 

というのもこれは「小児慢性特定疾患」に指定されているからで、保健所で所定の手続きをとることで公費申請できるのです。

 

公費対象の治療例であるとして認可されると、3割負担のうち「高額療養費制度」で「負担される額を超える部分」は、国と地方自治体(一般的には都道府県レベルです)による公費により負担されます。

 

 

これには厳しい審査基準があり、小児慢性特定疾患の成長ホルモン分泌不全性低身長症とみなされるためには、

 

治療開始時の身長が全国平均よりも-2.5SD(標準偏差)以下でないと認定されません。

 

さらに、上限も設定されており、身長が男子156.4cm、女子145.4cmに達するとそれ以上の補助は受けられなくなります。

 

 

基本的に自己注射です。

 

 

2.アンチエイジングや健康増進のための費用

 

 

中高年の方々が健康回復(主にアンチエイジング)のために成長ホルモン注射を行う場合、全額自己負担となります。

 

月額にして30万円から50万円ほどの費用が必要ですから、半年間で200万円から300万円というのがざらです。

 

 

成長ホルモン注射にはそれだけ支払うだけの価値があると多くの方が実感しているので話題にもなるし、成り立っています。

 

通常は半年間続けますが、一か月だけでも打ってみたい、という人もいて、この場合は25万円ぐらいからのお試し価格設定もされているようですね。

 

ただ、効果が見え始めたところで中止することになるので生殺し状態になるかと思いますが(^_^;)。

 

 

日本ではいくつかのクリニックで舌下スプレーを用意しているクリニックもあります。

 

これは成長ホルモンのスプレーを舌の下にシュッとしてしばらく飲み込まずにそれが吸収されるのを待つというものです。

 

ペプチドホルモンなので、飲み込んだら分解されてしまうので、口の中に蓄えておく必要があります。

 

こちらは注射の10分の1程度の費用で3か月間受診することができます。

 

 

3.成長ホルモン分泌を促す

 

 

これは限りなく無料に近いのですが、成長ホルモン分泌を促す方法があります。

 

鍵となるのは「適切な食事(サプリメント含む)」、「適切な運動」、そして「適切な睡眠」です。

 

 

上の三つの対策をとることで、中高年でも自分の脳からの成長ホルモン分泌量を増やすことができます。

 

あなた自身の毎日の努力の積み重ねで、ほぼ無料、あるいは低価格で成長ホルモン分泌を自分で促すこともできるのです。

 

 

お値段に関しての記事として書いているので、この記事では詳細を書きませんけど。

 

 

スポンサードリンク

成長ホルモン治療の費用はいくらぐらい?関連ページ

1990年に報告されたルードマン博士の成長ホルモン注射の効果
成長ホルモンを成人に投与すると様々な機能が若返る。1990年にルードマン博士らにより世界的に権威のある科学誌に報告されたこの発見が抗加齢医療を変えました。
皮膚のアンチエイジングに成長ホルモンが効果的
皮膚の細胞外マトリックスの保水能力を上げるためのプロテオグリカンやヒアルロン酸の産生能力を成長ホルモンがあげる
じいちゃんがかっこよくなった
高齢者に成長ホルモンを投与するとめちゃくちゃ元気になります
注射は高いけどスプレーなら?効果はいっしょ?
成長ホルモン製剤は舌下スプレーという投与方法もあります。
注射製剤は数種類、打ち方も違います。
成長ホルモン注射製剤にはいろんなタイプがあります
20代以降でも数cm、身長が伸びるケースがある
中高年でも身長が伸びることがあるって信じられます?
並行輸入した方がお得?
成長ホルモン製剤にかかるコストを下げるために並行輸入品を手に入れるには
バストアップに成長ホルモンが効果的なんですと?
成長ホルモン投与の思わぬ作用、バストアップについてです
成長ホルモンダイエット 内臓脂肪が減ります。
成長ホルモンを成人に投与すると内臓脂肪が減って中年太り体型が改善されます